8/26(土) Fusion360講習会(アドバンス)を開催しました!

Fusion360講習会のアドバンス(設計&シミュレーション編)を開催しました。アドバンスは既にFusion360の基本的な操作をマスター済みの方向けに上級者編として、より専門的な内容をご紹介するクラスです。

今回は設計&シミュレーション編と題して、Fusion360のシミュレーション機能を活用したCAE解析の手法をご紹介する回です。

Fusion360を使ったCAE解析の講習は全国でもなかなかレアなのではないでしょうか!

この講習の特徴は、単にFusion360のシミュレーション機能を紹介するだけでなく、企業で行われている本格的なCAE解析の手法をご紹介していることです。実際に3Dプリンタで出力したテストピースの応力変形を計測したあと、シミュレーションとの乖離を評価します。その結果から応力変形を一定数値以下に抑え込むために再設計したのち、実際に3Dプリンタで出力して予想通りの結果が出ているかどうかを確認していくという内容です。

今回の講習会のために講師の足立さんがオリジナルで実験装置を作られました。

ダイヤルゲージの下部に試料を配置し、下部に水の入ったペットボトルを重りとして吊るして水の量を変えていき、たわみ具合を記録していきます。

メーカーでの開発経験に裏打ちされたとても濃い内容です。こうやって企業では設計を追い込んでいくのかということが分かり、個人的にはとても興味深かったですねー。

オリジナルで設計した改良版をシミュレーションにかけて、変形が限度以内におさまるかを確認していきます。

そして実際に3Dプリンタで出力したのちテストです!

うまくいったようです!傍目から見ると結果が数値でしか現れていないので地味ですが、その分はっきりと結果が現れるので、うまくいくと嬉しいですねー!まさにこれが設計を「追い込めた」瞬間なのではないでしょうか。

最後に...

アドバンスコースでは特定の領域を深堀りしていきます。今回はCAE解析をテーマにしましたが、要望次第で内容を変えていくことができます。今後はCNCと組み合わせたCAMクラスや、意匠的内容に絞ったデザインクラスなどをご用意できる予定です。こんな内容をやって欲しいというなどご要望があればぜひお気軽にお聞かせください!

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square