© 2017 by YOKOITO.inc

Fusion360

設計&シミュレーションクラス 

 

本クラスではFusion360のシミュレーション機能を使って、企業の開発部署などでも頻繁に行われている実践的なシミュレーション手法をご紹介していきます。

シンプルな形状のテストピースを使って、荷重をかけたときのたわみを測定し基礎データを収集、Fusion360を使ってCAE解析を行い、実験データとCAE解析結果の間にきちんと相関があるかを確認していきます。その後設計目標を設定し、設計目標をクリアすべく補強構造を考え、設計の結果をCAE解析で再び評価します。Fusion360は実際の設計業務に使用できるほどポテンシャルの高いソフトです。しかもシミュレーション機能まで含むCADをこの手軽さで使えるというのは少し前の時代では考えられないことでした。本講座を受講されることで、これまで企業(メーカー)の中でしか使用することのできなかったような機能をご自身のPCの中で使いこなすことができるようになるでしょう。設計に活かせるシミュレーション手法を学び、ご自身の仕事又は趣味の幅を拡げてみてはいかがでしょうか。